読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



MAXIS Jリート上場投信(1597 東証)第13計算期間の分配金

ETF REIT インデックス 配当金 資産運用

北朝鮮とアメリカとの関係が非常にやばくきな臭い今日この頃ですね。その影響かリスクオフになって、円高株安とインデックス投資家の私にも地味にダメージありますね。

まあ、安く仕込むチャンスだと思っていますが、自分のところにミサイルが飛んできてゲームオーバーにならないことだけを望みます。

 

さて、保有しているMAXIS Jリート上場投信(1597 東証)の第13計算期間(平成28年12月9日~平成29年3月8日)の分配金がありました。年4回配当がありますが、その1回目ですね。

 

 

MAXIS Jリート上場投信(1597 東証)

MAXIS Jリート上場投信 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信

 

名称:MAXIS Jリート上場投信

証券コード:1597

対象インデックス:東証REIT指数

上場日:2014年2月25日

純資産総額:675.95億円(2017年04月14日)

売買単位:10口

決算日:年4回(3月、6月、9月、12月の各8日)

信託報酬:0.27%以内

運用会社:三菱UFJ投信株式会社

 

MAXIS Jリート上場投信(1597 東証)第13計算期間の分配金

第13計算期間の分配金ですが、現在110口保有しています。第13計算期間の分配金は、1口あたり20円40銭なので2,244円でした(第12期は1口あたり9円50銭で1,045円)。

もちろん、NISA口座で保有しているので税金はありません。買い増しは行っていないので、保有数は変わらず110口のままです。しかし、前回より1口当たりの配当金が2倍くらいに増えたので、受け取った分配金は大幅に増えました。

 

MAXIS Jリート上場投信(1597 東証)第12計算期間の分配金

ちなみに、前回はこんな感じでした。

the-unsung-war.hatenablog.jp

第12計算期間は、110口保有しており、1口あたり9円50銭なので1,045円でした。

 

MAXIS Jリート上場投信(1597 東証)の2017年分配金

今年受け取った分配金は以下のようになっています。ちなみに、分配金はそのまま投資信託ETFの購入費用に全額割り当てています。

 

 

今後の方針

北朝鮮の核開発に対するアメリカとの対峙がどうなるかわからないので、しばらくは様子見ですかね。

また、日本の不動産は若干過熱気味のような気がします。

www.zenchin.com

利回りで考えればアパート経営がいいんでしょうが、リスクと手間がありますね。私は、個人でアパート経営に乗り出す気はないので、やはりJリートETFで複数の物件に投資して、リスクは分散したいですね。

ほら、戦争始まったら損失でますが、すぐ市場で売却できるじゃないですか?流動性という面では、とても優れていると思いますよ、Jリートは。もっとも、会社が破たんするリスクはありますけどね。

 

ただ、不動産が過熱してリターンが下がっても銀行預金に比べればまだまだ高リターンだと思いますので、大きく値を下げる場面があれば、買い増しをしようと思います。バブルはじけたら仕込み時かなあとちょっと思っていたり(笑)

 

休みに「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」でランチを食べてきました

リフレッシュ 雑感 株主優待 日本株

4月ももうすぐ中旬ですね。そろそろゴールデンウィークの予定も考えないといけない時期ですが、ゴールデンウィークはどこも混雑しますし、料金も繁忙期で高くなりますね。まあ、稼げるときに稼ぐのは当然ですが・・・。

 

さて、タイトルの通り、ひらまつ(2764)が運営している「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」へ行ってきました。

 

 

普段こういう高級レストランは、あまり行かないのですが、ちょうどハレの日だったので、両親を誘っていってきました。ブラッスリー ポール・ボキューズは、別な店舗には行ったことがありますが、 銀座のは初めてです。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231544j:plain

 テーブルにはログの入ったナプキンがセットされています。料理に使われる皿やコーヒーカップにもロゴが入っていますね。

 

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」は、銀座のマロニエゲート2の10階にあります。地下鉄銀座駅とかJR有楽町駅が近いですね。

www.hiramatsurestaurant.jp

 

メニュー

ランチは、4種類用意されているいます。ただ、1つは平日オンリーなので土日は3つから選びます。

  • MENU D’AFFAIRES~平日限定ランチセット~ ¥1,800(税別)
    メインディッシュ、デザート、コーヒー
  • MENU DU DÉJEUNER ¥2,800(税別)
    前菜、メインディッシュ、デザート、コーヒー
  • MENU SPÉCIAL ¥4,500(税別)
    前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー
  • MENU BOCUSE ¥6,800(税別)
    前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー

最初MENU DU DÉJEUNER¥2,800(税別)を予約していたのですが、3月15日(水)~5月31日(水)限定でマロニエゲート銀座オープン記念ランチ(3300円)があったので、それに変更してもらって食べてきました。

  • マロニエゲート銀座オープン記念ランチ ¥3,300(税別)
    食前酒1杯、前菜、スープ、メインディッシュ、デザート、コーヒー

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231925j:plain

マロニエゲート銀座オープン記念ランチは、MENU DU DÉJEUNERにスープと食前酒1杯がついて500円しか変わらないのでお得です。ただ、デザートなどで選べるものがなくなりますが・・・。

 

店内の様子 

10階で窓に囲まれていて、眺めはまずまずですね。店内は、落ち着きのある木のインテリアが使われているので、割と上品な気がしました。大丸店の白を基調としたお店とはちょっと雰囲気が異なりましたね。やはり、銀座という立地なのでこういう内装なのでしょう。

予約していったのですが、席は8割くらい埋まっていた気がします。空いている席も新しいお客さんが入ってきていたので、そこそこ繁盛しているのではないでしょうか? 

大事な食事の時は予約しておくことをお勧めします。

 

料理

~食前酒(季節のスパークリングカクテル または 季節のノンアルコールカクテル)~

季節のスパークリングカクテル としてモミザが食前酒として出されました。とりあえず、これで乾杯です。



【前菜】三種の前菜盛り合わせ

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231610j:plain

カモのテリーヌ、キッシュ、カルパッチョの盛り合わせでした。キッシュは焼き立てでとてもおいしかったですね。カモのテリーヌもねっとりして好みの味でした。この前菜の盛り合わせはレベル高いです。お酒があったらもっと飲めますね(笑)



【スープ】じゃがいものヴィシソワーズ

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231628j:plain

薄っぺらい感想ですが、ジャガイモを食べているかのような味がする冷製スープでした。味付けもちょうどよく、おいしかったですね。

浮いている緑のものは、パセリでした。



【メインディッシュ】魚料理 または 肉料理

魚:「メカジキのポワレ ブルグールを詰めた小烏賊 プロヴァンス風トマトソース」

肉:「仔牛と豚足のカイエット マデラ酒ソース プティ・ポワのピュレと春野菜」

魚か肉を選ぶのですが、私は魚を選びました。

 

~メカジキのポワレ ブルグールを詰めた小烏賊 プロヴァンス風トマトソース~

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231653j:plain

メカジキとトマトソースの相性が抜群でおいしかったですね。ブルグールというのは粉状のパスタでした。


 
【デザート】“ムッシュ ポール・ボキューズ"のクレームブリュレ

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170409231736j:plain

ブラッスリー ポール・ボキューズ の定番といえば定番のデザートです。この形のクリームブリュレにしたのは、ポール・ボキューズ氏だとか。

バーナーで表面を焦がしているのでとても香ばしく、表面もぱりぱりしています。味は言うまでもなく、おいしいですね。薄めの皿に入っているので、表面積が大きくなってパリパリの部分を多く楽しめます。 

 

最後にコーヒーまたは紅茶もしくはオレンジジュースが選べてコース終了です。ちなみに、そのほかに、パンとリエットがついてきます。

コーヒーを選んだのですが、濃厚なコーヒーでした。デザートが甘めなので、濃いほうが相性良いです。大丸の時もそうでしたが、ブラッスリー ポール・ボキューズは濃い目でコーヒー出すんですかね?

 

感想

頼んだメインディッシュを取り違えるというミスがありましたが、フロアのスタッフの方の対応がとてもよく気分を害することなく食事を続けることができました。

こういうしっかりしたスタッフがいると安心して食事ができますし、株主としても頼もしい会社だなあと思えます。

 

どうでもいいことですが、「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」はキッチンがガラス張りになっている部分があるのですが、帰りに前を通った時、丁度ガスバーナーでクリームブリュレ作っている場面を見ることができました。ガスバーナー二刀流でどんどんあぶっていく料理人はすごいなあと思いました。こっちに気づいて笑顔見せる余裕が良かったです(笑)

 

そんなこんなでとてもおいしいランチコースを堪能できました。両親も妻も満足してもらえたようで、私も満足です。

えっ、株主優待?カードなくしたので使ってませんよ!( ;∀;)

まぁ、それでも満足できるコースでしたとさ。

 

 

ブラッスリー ポール・ボキューズ 

ブラッスリー ポール・ボキューズ 大丸東京店へ行ったときの記事です。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

 ブラッスリー ポール・ボキューズ  ミュゼ(国立新美術館)へ行ったときの記事です。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

 


【広告】