読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



e-Taxで確定申告をしました。

税金

[広告]

3月になって最近は暖かい日が続いていますが、3月といえばもはや風物詩となっている確定申告のシーズンです。

普段余計に収めてしまった税金をしっかり返してもらう大変重要なイベントです、個人投資家にとっても普通のご家庭にとっても。

 

税金を搾り取ることに熱心な国税局は、取りすぎていても返すことにはかなり不熱心ですから、納税者が手続きしなければなりません。なんかすごくおかしいことですよね・・・。

 

www.nta.go.jp

 

国税局のHPにもいろいろ書かれてありますが、会社員で住宅ローンや医療費控除や寄付金控除などがなく年末調整だけ会社で行った人には、確定申告は関係ありません。

私のようにふるさと納税したり、maneoとかの配当金から源泉徴収されている人は対象となります。残念ながら、雑所得が20万言っていないので源泉徴収されるいわれがないんですよ。ふるさと納税もワンストップ特例制度利用すれば、5か所までの寄付だけなら確定申告は不要になりますが、その他控除がある人は使えません。

 

毎年やっているので今年も同じように手続きしました。手続きの方法は、郵送やe-Taxや税理士の先生にお願いするとかいろいろありますが、私は自分でe-taxを利用して確定申告しています。税務署混んでいますし、自宅で空き時間にできるので便利です。なぜかeTaxがあまり利用されないのが、不思議です。

 

 e-TaxにはICカードリーダーと住基カードが必要です。住基カードは発行まで時間がかかりまあすが、一度取ってしまえば電子証明書の有効期限が切れるまで利用できるので便利です。ちなみにSonyICカードリーダを使っています。

 

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380

 

 

会社から配布された源泉徴収票と還付金の振込先に指定する口座情報を手元において、ICカードリーダの設定手順や国税局のHPで入力手順に従って入力すれば、大体2時間くらいで手続きが完了しました。自分の場合は、ふるさと納税の寄付金とmaneoなどの配当金で源泉徴収されたものが戻ってきます。

ふるさと納税は、10%が所得税で戻ってきて残りは住民税から引かれるので来年度は住民税が軽減される仕組みになります。

 

3月15日までですが、締め切り間際は税務署混みますし、e-Taxも急にプロバイダのトラブルでネット接続できなくなるなどありますから、余裕を持つことが大事だと思います。

 

何はともあれ、無事に手続きできたので2015年はやっと終わった!!って感じています。 

 

自分でパパッと書ける確定申告 平成28年3月15日締切分

自分でパパッと書ける確定申告 平成28年3月15日締切分

 

 


【広告】