読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



2016年もMSCIグローバル新興国株指数の中国A株組み入れ見送り

[広告]

今日は晴れて暑かったです。東京も梅雨入りしたものの、これといって雨が降るわけでもなく、水不足が懸念されていますね。暑いのは景気にとってプラスですけど、あまり暑すぎたり水不足だったりすると景気にはマイナスですよね。

 

さて、少し前の話題になりますが、今年も中国A株のMSCIグローバル新興国株指数への組み入れが見送られました。インデックス投資家としては、割と重要なニュースです。

 

jp.reuters.com

 

jp.wsj.com

 

MSCIグローバル新興国株指数は、インデックスファンドの指数にも採用されているので、今年組み入れがどうなるか気になっていました。MSCIの指数は採用している投資信託ETFも多いですからね。結果として、採用が見送られ一安心したわけですが・・・。

 

すでに、香港が組み入れられているので、中国A株組み入れてほしくないんですよね。中国A株組み入れちゃうと、韓国と中国の割合が大きくなってしまうので、指数を使って分散投資する意味がなくなってしまいます。

 

来年も組み入れが取り出されますが、今の閉鎖的な中国株式は組み入れてほしくないですね。3年連続で見送りになりましたが、いつか採用されることは避けられないとは思っています。

ちなみに、パキスタン、アルゼンチンはMSCIグローバル新興国株指数へ採用されたようです。パキスタンとかは、それほど市場大きくないですから、多少閉鎖的で問題があってもいいですけど、中国のような市場規模が大きい国が採用されるのとはインパクトが違いますよね。

 

みんな思っていますけど、中国株式は閉鎖的(やばくなると売買停止するし)すぎるし、コロコロルール都合よく変えるので、そういう面をしっかり改善してもらうのが先です。怖くて大事なお金預けられませんよ。

中国としては、MSCIグローバル新興国株指数に採用されて外国から投資家の資金を流入させたいんでしょうけどね。

 

MSCIグローバル新興国株指数の採用動向については、定期的に気にしていきたいと思います。 

 


【広告】