読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



SBI証券の個人型確定拠出年金に運用商品が追加されるようです

[広告]

9月ももう終わりで、いよいよ10月です。OPECが原油減産を予想外に決定したり、アメリカはクリントン氏とトランプ氏が大統領選挙に向けて論戦繰り広げていたり、日本は日本で築地の移転問題が長引きそうな感じが出ていたりとなかなか見通しが立たない状況が続いていますね。

おかげで市場も軟調です。 セルインメイの格言に従うならば、そろそろ戻ってくる時期のはずなんですが・・・・。

 

さて、先日SBI証券が個人型確定拠出年金の加入キャンペーンを行うという記事を書きました。

 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

そのSBI証券ですが、個人型確定拠出年金の運用商品が追加されたようです。

SBI証券―ネット証券最大手の証券会社。オンライントレードでの投資をしっかりサポート―

 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20160929230147j:plain

先日記事を書いたときは追加の発表がなかったのですが、今見たら追加のお知らせが追加されていました。おかげでブログの記事を書くネタができ来ましたが(笑) 

 

どんな運用商品が追加されたか、見ていきたいと思います。

 

追加された運用商品

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20160929230401j:plain

 SBI証券のHPによると画像のように4本の運用商品が追加されるようです。追加されるのは、10月14日からのようです。

 

国内株式

  • ひふみ年金
    ひふみ投信は、有名なので何回か名前は聞いたことがあります。信託報酬も割と低めですね。
  • みのりの投信(確定拠出年金専用)
    →名前を初めて聞きましたが、国内外の株式を投資対象とするアクティブファンドのようです。信託報酬が高いなあと思います。
  • 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
    →TOPIX(東証株価指数、配当込み)をベンチマークとするインデックスファンドのようです。信託報酬も0.2%なのでいいですね。ただ、日本株をメインにする必要については少し考えますが・・・。

 

また、ひふみ年金については、みぞれさんが同じ会社のひふみプラス運用され、運用の成績などを記事にまとめられていますので、そちらをご紹介します。

mieezore.hatenablog.jp

 

海外REIT

  • 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
    →S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとするインデックスファンドのようです。SBI-EXE-iグローバルREITファンドの信託報酬がが0.36%なので、それより低い0.30%に抑えられています。

 

所感

長期運用に適している運用商品がちょっと足りないなあと感じていて、近いうちにラインナップは増えそうだと思っていましたが、予想より早く増えたって思っています。

 

薄かった日本株TOPIXと海外REITの信託報酬の低い運用商品が追加されるのは良いことだと思います。

 

ただ、インデックスファンドをもっと増やしてほしいとはまだ思っています。たわらノーロードとかeMAXISあたりがラインナップに並ぶと、おっー!って感じになって、安心して長期運用ができるんですけどね。

 

三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型) (愛称:スゴ6)のような、バランス型の低コストインデックスファンド増やせば、運用の知識が少ない人にもいいと思いますけど、どうなんでしょうね?

 


【広告】