読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



11月8日よりSBI証券の個人型確定拠出年金に運用商品が追加されるようです

インデックス 個人型確定拠出年金 外国株式 投資信託 日本株 税金 積み立て 資産運用 運用スタンス

[広告]

毎日ニュースでは、オリンピックの会場や築地移転問題など問題が山積している東京都が話題になることが多いですね。どの問題も時間があまりないので、早めに決めていただきたいと思います。それと同時に築地が移転する(?)前に、お寿司食べに行きたいなあと思います(笑)

 

さて、先日SBI証券の個人型確定拠出年金に運用商品が追加されると記事に書きました。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

そのSBI証券ですが、さらに11月8日より運用商品が3本追加されるようです。すでにご存じの方も多いかと思いますが・・・。前回大幅にランナップが増えましたが、今回はどんな運用商品が追加されたのか見てみたいと思います。

 

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20161020002143j:plain

 追加されるのは、インデックスファンド3本のようです。

  • 国内株式 DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.2052%以内
    →連動する指数は日経225ですね。
  • 国内REIT DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.27%以内
    →連動する指数は東証REIT指数(配当込み)のようですね。
  • 国際株式 iFree NYダウ・インデックス 0.243%
    →連動する指数は名前の通りNYダウ・インデックスですね。

 

どのインデックスファンドも低コストになっています。

以前記事で触れた、ニッセイ-DCニッセイJ-REITインデックスファンドは信託報酬が高い(0.594%)と書きましたが、DCニッセイJ-REITインデックスファンドAは、0.27%以内とかなり信託報酬が安くなっています。

 

iFree NYダウ・インデックスとDCニッセイ日経225インデックスファンドAは好みの問題ですよね。個人的には、日本株TOPIXがいいのですが、TOPIXだと三井住友・DC日本株式インデックスファンドS(信託報酬0.2052%)ですね。ほかには、野村-野村DC・JPX日経400ファンド(信託報酬0.27%以内)があるくらいです。

 

先日紹介したファンドは10月14日から購入できるようになっていて、11月8日に新たに3本追加されます。この調子だとさらに運用商品が追加されるんじゃないかと期待してしまいますね。

 

低コストのインデックスファンドが充実してきたのは素直に評価できると思います。若干物足りなさはありますが、一通りポートフォリオは組めると思います。

 

SBI証券のこういった取り組みは投資家にとってかなりプラスになるだろうと思いますし、業界内に良い競争を起こすんじゃないかなあと思います。今まで通り高コストの変なアクティブファンドを売りつけるような銀行などはもっと競争の波にさらされるべきだと思います。

 

また、SBI証券は私がメインで取引している証券会社なので、個人型確定拠出年金の口座を開設するにあたっても有力な候補の一つです。

そういった面からもSBI証券には頑張ってほしいですね。

 

 

SBI証券が「個人型確定拠出年金新規加入キャンペーン!」を行うようです

the-unsung-war.hatenablog.jp

 


【広告】