板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



eMAXISシリーズにおける「受益者還元型」信託報酬率の適用ファンドが拡大するようです

[広告]

土曜日と日曜日は、都内に関しては天気が良かったですね。特に出かけたりせずに家でゴロゴロしていましたが(笑)

山間部の紅葉シーズンは見ごろを過ぎつつあり、今度は平野部の紅葉になってくるようです。今年の冬は寒くなるんでしょうかね?

 

さて、前回はニッセイアセットマネジメント株式会社のシリーズ7商品の信託報酬率が引き下げられるという記事を書きました。 

さらに少し前の情報なので、すでにご存じの方も多いかと思いますが、三菱UFJ国際投信のインデックスファンドeMAXISシリーズも「受益者還元型」信託報酬率を導入するようです。

 

三菱UFJ国際投信株式会社のプレスリリース(PDFファイルへのリンクです)

http://www.am.mufg.jp/text/release_161018.pdf

 

eMAXISシリーズのHP>

三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

 

プレスリリースによると今回適用対象となるファンドは以下のようになっています。

<今回対象ファンド>

ほとんどのeMAXISが該当するんじゃないですかね?

 

<信託報酬率>

プレスリリースによると、一律に信託報酬率を下げるのではなく、ファンドの残高によって信託報酬を引き下げるようです。

 

500億円未満の部分 ・・・ 各ファンドの基準となる信託報酬率

500億円以上1,000億円未満の部分 ・・・ 超過部分につき500億円未満部分対比で 0.02%引下げ

1,000億円以上の部分 ・・・ 超過部分につき500億円未満部分対比で0.04%引下げ

 

投資信託の積み立て状況(2016年7月)

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

積み立てしている中でeMAXISシリーズの投資信託は以下のものがあります。 

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS新興国リートインデックス 信託報酬 (税込)/年 0.648%  信託財産留保額 0.3% 
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス  信託報酬 (税込)/年 0.648%  信託財産留保額 0.3%

以前はほとんどをeMAXISで運用していましたが、ニッセイからより低コストのインデックスファンドが提供されていたので、利益確定して乗り換えました。

 

eMAXISシリーズの各ファンドの残高

では、実際どのファンドが「受益者還元型」信託報酬率の適用になるのかが気になるところですね。11月4日時点のeMAXISシリーズの純資産をHPで確認してみました。

 

<国内セクターの純資産>

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20161106183642j:plain

 

<海外セクターの純資産>

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20161106183838j:plain

 

<バランス・その他セクターの純資産>

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20161106184020j:plain

 

私の保有している「三菱UFJ国際-eMAXIS新興国リートインデックス」と「三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス 」は、純資産が500億未満なので「受益者還元型」信託報酬率の対象にはならないようです。

「三菱UFJ国際-eMAXIS新興国リートインデックス」は約15億円となっており、「三菱UFJ国際-eMAXIS新興国株式インデックス」は約243億円となっています。

そもそも一番純資産が大きい「三菱UFJ国際-eMAXIS先進国株式インデックス」ですら、約318億円なっており、500億には届かない状態になっています。どれも該当しませんね、現状では・・・・。

 

雑感

受益者へ還元する姿勢は歓迎しますが、ファンドの残高を見る限り実際には引き下げにはまだまだ程遠いようです。

この先「受益者還元型」信託報酬率が適用される残高まで、各ファンドが成長するかもしれませんが、それならほかのインデックスファンド購入したほうがいいような気がします。

eMAXISシリーズでしか投資できないセクターがあるなら保有する意味はあるかと思います。私がeMAXISシリーズで積み立てているのは、新興国リートインデックスと新興国株式インデックスです。当時SBI証券では、後者については、ほかにSMTでしか提供されていません。前者の新興国については、SMTとSBI証券のEXEがありますが、EXEはベンチマークがFTSE・エマージング・インデックスで少し異なります。

ただ、新興国については状況が変わって、たわらノーロード 新興国株式などが出てきています。もう少し純資産が増えたら乗り換えを考えたいと思います。

 

少し期待外れなeMAXISシリーズの「受益者還元型」信託報酬率の適用条件でした。まあ、eMAXISシリーズもインデックスファンドとしては、低コストではないですが、悪くはないファンドですけどね。

 


【広告】