読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



SBI証券がロボアドバイザー(自動運用サービス)を開始したようです。

[広告]

2月は建国記念日がありますが、今年のカレンダーは祝日が土曜日と重なるので残念ながら3連休にはなりませんね・・・。そのことに気が付いて少しブルーです(笑) 

 

さて、SBI証券のサイトでログインをしたら、いつの間にか「ロボアドバイザー(自動運用サービス)」というメニューが追加されていました。

ページを見てみると「WealthNavi for SBI証券」というサービスのようで、「WealthNavi」がSBI証券用に提供しているようです。

 

「WealthNavi」は、「MSV LIFE」や「THEO」と同じような自動運用サービスのようですね。せっかくなので、例によって例のごとく、「WealthNavi」についても調べてみたいと思います。

 

「WealthNavi」

www.wealthnavi.com

 

手数料

気になるのは手数料ですね。せっかくコストの安いETF分散投資するにしても、手数料が高かったらパフォーマンスが下がってしまいます。

HPには以下のように記載されていました。

WealthNaviをご利用になる際は、預かり資産の評価額に対し、1%(年率、消費税別)の手数料をいただいております。また、預かり資産が3,000万円を超える部分は1%でなく0.5%(年率、消費税別)の割引手数料が適用されます。

預かり資産が3000万までは、年率1%の手数料が必要なようです。3000万円を超える部分は年率0.5%となるようです。まあ、3000万以上運用する人がどれだけいるのか気になりますが・・・。

 

ちなみにマネックス証券のMSV LIFEは、実質コストが年率1%以内となっています。ただし、この実質コストには、投資一任報酬や投資信託の信託報酬など、運用会社や受託金融機関等(投資信託報酬の内の受託者報酬)が含まれています。

WealthNaviの手数料に、「為替手数料、売買委託手数料、リバランス手数料、為替スプレッドなど、その他の手数料はかかりません。」と説明がありましたが、投資信託の信託報酬が含まれているのかはわかりませんでした。

 

THEOは、預かり資産が3000万までは、年率1%の手数料が必要なようです。3000万円を超える部分は年率0.5%となっています。WealthNaviと同じ手数料の仕組みですね。

 

投資金額

WealthNaviは、最低100万円からとなっています。結構ハードル高いですよね。ただし、WealthNavi for SBI証券は30万円からとなっています。

ちなみに、MSV LIFEは、1万円から、THEOは、最低10万円となっています。比べてみるとWealthNaviは少し敷居が高い気がします。

 

自動積立

WealthNaviは、1万円から積み立てを行えるようです。

MSV LIFEは、毎月1万円から自動積み立てが行えます。THEOは、この記事を書いた2017年2月時点で自動積立には対応していません。

 

「WealthNavi」と「WealthNavi for SBI証券」の違い

気になるのは、本家「WealthNavi」と「WealthNavi for SBI証券」の違いですね。

 最低投資金額が、本家は100万円となっていますが、「WealthNavi for SBI証券」は30万円と若干ハードルが下がっているようです。そのほかの違いは、見た限りでは判りませんでした。

 

無料診断

さて、お決まりの運用プランの診断をやってみました。条件はいつも通りです。

運用方針

一応目標としては、セカンドハウスとしてエクシブ(購入費200万。中古で箱根離宮が150万くらい。諸経費50万含めて200万としました)を買い、10年分の年会費100万円の合計300万用意しようとします。初期投資10万、毎月1万円(7月と1月に増額1万円)、運用期間10万円をとりあえず想定してみます。あと、運用スタンスは強気でイケイケとします。 

 

診断

6問の質問に答えると診断できるようです。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232501j:plain

 

まず年齢を聞かれます。30代にを選びます・・・。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232519j:plain

 

次は年収を選びます。年齢と年収は鉄板の質問なんですかね?500万~1000万未満を選びます。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232626j:plain

 

現在の金融資産を答えます。これは、1000万~3000万未満を選びます。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232751j:plain

 

毎月の投資予定金額を答えます。これは1万円ですね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232834j:plain

 

5番目の質問は資産運用目的についてです。エクシブはリゾートホテル会員券なので、余裕資金を着実に運用を選びます。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205232915j:plain

 

最後の質問は、暴落時の行動について答えます。これよく質問されますよね。これは、追加投資を選びます。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205233034j:plain

 

 

診断結果

6つの質問を答えると診断結果が表示されます。大体1分くらいで診断は終わります。

 

診断結果は以下のようになりました。リスク許容度は、最大の5となっています。イケイケで運用するので、まあこんなものでしょう(笑)

毎月1万円を30円積み立てて運用すると、660万の元本が70%の確率で1270万になるようです。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205233144j:plain

 

660万の元本が70%の確率で1270万になるといわれましたが、これを詳しく見てみます。70%の確率で1270万になりますが、50%の確率で1818万円以上になって、さらに30%の確率で2653万円になるようです。2653万円は、これはかなりうまくいったケースだと思います。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205233400j:plain

 

シミュレーションのグラフは次のようになっています。リーマンショックがあっても、増える結果になっているようです。ただ、過去のデータですので、未来のことはわかりません。あくまで参考ですね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205233420j:plain

 

ポートフォリオは以下のようになっていました。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170205233439j:plain

アメリカ株に40%投資するようですね。日欧米には30%となっていますが、日本にはどの程度投資するのかはわかりません。MSV LIFEだと日本株は10%程度の割合で、欧州は12%でした。そういう意味では、ポートフォリオは似通ってくるのですかね?

まあ、ポートフォリオについては、悪くないと思います。

 

所感

ロボアドバイザー(自動運用サービス)は、もともと興味があったので、やってみたいとは思っています。今回、SBI証券が「WealthNavi for SBI証券」というサービスを提供したことはとても良いと思います。

ただ、最低投資金額が30万というのがちょっとハードル高くて困りますね・・・。コストに関しては、リバランスとかあるので1%程度かかるのは仕方ないですかね?でも、ETFのコストが0.1%くらいが標準なので中抜きし過ぎっていう気もします。

あと、「WealthNavi for SBI証券」を利用した場合、SBI証券の特定口座扱いになるのか、それとも自分で確定申告しなければいけないのかがわかりませんでした。

そういう面で、もう少し調べる必要があると感じました。

 

ただ、こういうサービスが提供されるのは投資家にとって良いことだと思いますし、機械的にリバランスや損切りしたほうが感情が入らないので良いのではないかと思います。

 

 

 「MSV LIFE」や「THEO」については、以下の記事をよかったら参照してください。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 


【広告】