読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



2016年の確定申告をe-Taxでしました。

税金

[広告]

3月は決算期の会社が多いので、配当や株主優待の権利確保のために、株価は値上がりする傾向にありますね。ですので、この時期に買うのはいつも避けています。

なんか急に暴落でもしないですかね?そうしたら買うんですけど(笑)

とまあ、かなり物騒なことを言ってみました。 

 

さて、春の風物詩とも言える確定申告の期限が3月15日と迫っていますね。確定申告は、普段余計に収めてしまった税金をしっかり返してもらう大変重要なイベントです、個人投資家にとっても普通のご家庭にとっても。私は先日確定申告を済ませました。

 

会社員だと職場の年末調整すれば、特に確定申告しなくてもよいですが、ふるさと納税や雑所得、医療費控除などがある場合は、確定申告する必要があります。

確定申告は、窓口提出、郵送とe-Taxの方法が選べますが、私はいつもe-Taxを利用しています。夜や休みでも申告できますからね。 

 

申告したもの

私は、ふるさと納税と医療費控除があるので、確定申告しています。 あと、マネオやクラウドバンクは源泉徴収されているのですが、そもそも雑所得が20万以内なので払う必要がない税金が取られている状態だったので、それを取り戻す意味でも確定申告は必要です。

病院にかかってもらった領収書や処方箋で処方してもらった時の費用、通院に使った公共交通機関の料金は申告できます。また、風邪薬なども医療費控除で申告できます。ただ、領収書を一枚一枚合計しなければなりませんが・・・。

 

 e-Taxに必要なもの

 e-TaxにはICカードリーダーと住基カードもしくはマイナンバーカードが必要です。マイナンバーカードは、発行まで時間がかかりますが、一度取ってしまえば電子証明書の有効期限が切れるまで利用できるので便利です。私は、マイナンバーカードができる前から e-Taxを使っているので住基カードを使っています。

 

私は、ちなみにSonyICカードリーダを使っています。

 

便利だったこと

ふるさと納税をしているんですが、昨年は寄付先の自治体の住所を入力する必要がありましたが、今年はふるさと納税自治体が選べるようになっていて、選べば住所が自動でセットされるようになっていました。 

 

困ったこと

今回初めて医療費控除の申告を行いましたが、明細を作成するのにかなり時間を要しました。国税庁のHPだとエクセルとLibreOffice2.5に対応しているとあったので、LibreOfficeで作成しようとしましたが、フィルサイズがなぜか肥大してアップロードできませんでした。

officeオンラインだとファイルが開けなかったので、泣く泣く古いoffice2003を引っ張り出してきて何とか明細を作りました。

国税庁は、もうちょっと考えてほしいですね。せめてLibreOffice2.5を利用環境に謳うのであれば、LibreOffice2.5で動くようにしてほしいです。

 

 最後に

何はともあれ無事に終わったので、還付金が振り込まれるのを待つとします。払わなくていい税金は払いたくないですし、手続きすれば戻ってくるのであれば取り戻したいですからね。

e-Taxでは、私は住基カードを使っているので、電子証明書の有効期限が切れる前にマイナンバーカードを発行してもらわないといけませんね。

あと、医療費は明細を入力しなければならないのですが、まとめて計算すると大変なので来年は半年に1回くらいはまとめておこうと思いました。

 

[rakuten:book:18339874:detail]

 

ちなみに、去年の確定申告はこんな感じでした

the-unsung-war.hatenablog.jp

 


【広告】