板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



三菱UFJ国際投信が第5回投資にチャレンジ!eMAXIS「ポートフォリオの達人」を開催するようです

[広告]

4月下旬にアメリカが北朝鮮を攻撃するとかしないとか変な噂がささやかれていますが、ゴールデンウィークまでに戦争になるとせっかく予約した旅行に行けなくなってしまうかもしれないので、お願いだからゴールデンウィーク過ぎてからにして欲しいと切に願う今日この頃です。

皮肉にも攻撃されたくない・して欲しくないという面では、北朝鮮の指導者と私の利害が珍しく一致していますね。私は単に旅行が中止になってほしくないだけですが(笑)。

 

 さて、三菱UFJ国際投信が第5回投資にチャレンジ!eMAXISポートフォリオの達人」を開催するようですので、それを紹介してみたいと思います。

 

 

インデックスファンドのeMAXISシリーズを使ったコンテストで、インデックス投資家の自分としても、こういうイベントでインデックスファンドを知ってもらうという活動は良いと思います。

 

eMAXISポートフォリオの達人」

具体的には、eMAXISポートフォリオの達人」のサイトを見ていただくのが早いと思います。

 

投資にチャレンジ!eMAXIS「ポートフォリオの達人」

応募期間:2017年4月10日(月)~2017年4月28日(金)

コンテスト期間:2017年5月1日(月)~2017年8月31日(木)

賞金総額:450,000円

 

一応良い成績を出すことができれば、賞金ももらえますよ。

応募期間が 2017年4月28日(金)となっていて、締め切りまであまり期間がないので、興味のある方は早めの登録をお勧めします。

ちなみに、無料で参加できます。一度参加すると次回以降も自動的にエントリーされます。

 

eMAXISポートフォリオの達人」とは?

仮想資金100万円で、10種類のeMAXIS を組み合わせてポートフォリオを作り、リスク当たりのリターンの大きさを競うコンテストです。

コンテストは、個人戦とチーム戦で競われます。チーム戦は、3~10名のチームを結成し、チーム内上位3名の順位の合計値で競うようです。

 

10種類のeMAXIS

当たり前ですが、三菱UFJ国際投信が提供しているeMAXIS10本のみです。ただ、10本でほぼすべての分野カバーしていると思います。

名称だけでどのインデックスに連動するかわからないものに関しては、私の方で連動するインデックスを書き足してみました(赤字の部分)。

 

  • eMAXIS TOPIXインデックス
    →日本の株式市場(TOPIX)の値動きに連動
  • eMAXIS 国内債券インデックス
    →日本の債券市場の値動きに連動(NOMURA-BPI総合)
  • eMAXIS 国内リートインデックス
    →日本の不動産投資信託証券市場の値動きに連動(東証REIT指数(配当込み))
  • eMAXIS 先進国株式インデックス
    →日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動(MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース))
  • eMAXIS 先進国債券インデックス
    →日本を除く先進国の債券市場の値動きに連動(シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース))
  • eMAXIS 先進国リートインデックス
    →日本を除く先進国の不動産投資信託証券市場の値動きに連動(S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース))
  • eMAXIS 新興国株式インデックス
    新興国の株式市場の値動きに連動(MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース))
  • eMAXIS 新興国債券インデックス
    新興国の債券市場の値動きに連動(JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース))
  • eMAXIS 新興国リートインデックス
    新興国不動産投資信託市場の値動きに連動(S&P新興国リートインデックス(配当込み・円換算ベース))
  • eMAXIS NYダウインデックス
    →米国の株式市場(ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)(円換算ベース))の値動きに連動

 

今回このコンテストで対象となっている上記10本以外にもeMAXISはラインナップがありますね。

三菱UFJ国際投信のインデックスファンド・シリーズ eMAXIS(イーマクシス)

今となってはインデックスファンドの中では若干信託報酬が高めですが、昔は安いコストが魅力でした。私も以前はeMAXISポートフォリオを構成していた時期がありました。

 

今回の方針

私も地味に参加していますが、鳴かず飛ばずでいつも終わっています(笑)

いつもは、自分のお金を運用する前提でわりと地味なポートフォリオにしていたので、今回は債権とかREITを組みいれないで大胆に株式100%にしてみました。

 

仮想資金の100万円なのでゼロになろうが2倍になろうが私の実物資産には影響ありませんしね。今回は遊びと割り切って、普段はやらないであろうポートフォリオにしてみました。

 

所感

普段インデックスファンドでの運用をしていない方や興味はあるけど投資信託を全然知らない方には良いコンテストだと思います。積み立て型NISAやiDECOでは、インデックスファンドでの運用があっていると思いますので、こういう商品を知ってもらうことは三菱UFJ国際投信にもメリットあると思います。

 

個人戦で地味に遊ぶ予定ですが、チーム戦で私に足手まといになってほしい方がいたら、参加しますのでご連絡ください(笑)

 


【広告】