板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



生命保険も検討中

[広告]

 ゴールデンウィークも終わり、仕事モードに切り替えて仕事している今日この頃です。しかし、年末年始やゴールデンウィークのような長い休みが入ると体がなまってしまって、エンジンがかかりにくいですね。

何をやっていたのか、何をやらなければいけないのか、すっかり忘れてしまっています。これはこれで社会人としてどうなのよ?っていう気もしますが、忘れることも大事なことだと自分に言い聞かせています(笑)

 

 

今日は生命保険について記事を書きたいと思います。先日学資保険を検討しているという記事を書きました。

 

学資保険の検討

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

それと同時進行で、生命保険の見直しもやろうとしています。 

 

現在入っている生命保険

基本的に生命保険は保険と割り切って、貯蓄は別にするという思想なので、掛け捨てで低コストなものでいいと思っています。

全労済や県民共済が低コストの掛け捨てなのですが、私は全労済のこくみん共済に加入しています。

現在加入している生命保険は、次の通りです。

 

総合タイプ

www.zenrosai.coop

 

加入できる方:満15歳~満59歳の健康な方(最高満60歳の契約満了日まで保障)
月々の掛金:1,800円(2015年度の割り戻し金は約16.6%。300円/月) 

 

 補償内容は以下のようになっています。死亡保障もありますし、入院保障もありますが、補償内容は薄くなっています。

 f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170507224750j:plain

 まあ、自分が死んだときの葬式代と両親へ若くして死んだことに対する申し訳ない気持ち(非課税でお金を返す)という意味で、就職した時に加入していました。新入社員からそんな変なことを考えていたんですね、自分は(笑)

 

医療安心タイプ

www.zenrosai.coop

 

加入できる方:満0歳~満59歳の健康な方(最高満60歳の契約満了日まで保障)
月々の掛金:2,300円(2015年度の割り戻し金は約21.7%。500円/月)

 

補償内容は以下のようになっています。まあ、なんか調子悪くなって入院した時の補償ですね。 

 f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170507224724j:plain

 

これ本当に必要かというと微妙なところなんですが、一応安心は買えますし、保険料も低いですからね。あと、私が相部屋嫌だったりするので、自分から個室を希望するとその分費用かかるので・・・。 

 

※自転車保険も入っていて、死亡保障もついていますが、あくまであれは被害者への補償がメインなので、ここでは除外します。

 

 

月額の保険料

上記2つの保険に入っていて、 月額の保険料は5100円となっています。ただ、全労済は割り戻し金はがあるので、1か月あたり800円くらい戻ってきています(2015年の場合)。

ですので、4300円程度の保険料です。もちろん、年末調整で保険料は控除してします。

 

結婚して子供なしなら、適正だと思うのですが、子供がいるとなると、万が一の時の死亡保障が足りないと感じています。

 

加入を検討している生命保険の目的

私に何かあった時に残された家族の生活資金・教育資金にすることを考えています。あくまで万が一の保険なので、貯蓄のために契約しようとは思っていません。

貯蓄や運用なら自分でやろうと思います。っていうか、こう見えてもインデックス投資家ですからね(笑)

 

必要な額

こちらのサイトで子育てにかかる費用を解説しています。

benesse.jp

 

子育てには、養育費と教育費が必要です。大学などの教育費に目が行きがちですが、毎日ご飯食べたり、洋服を着たりするので養育費も必要です。

先ほどのサイトでは、次のような表で費用が書いてありました*1

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170508001209j:plain

こういうのは厳しい条件でシミュレーションしたほうがよいので、高校から私立で大学は私立理系というパターンの費用を採用します。それによると、養育費と教育費で3180万必要のようです。まあ、下宿する場合もっと費用かかりますけどね。

 

欲しい保険

現在の保有資産と合わせて3000万程度は残しておきたいと考えています。1500万程度資産があるので、残り半分を保険で賄えればいいと考えています。

また、必要な額は子供が成長するにしたがって、だんだん減っていくので、最後には相続税がかからない額にしようと思っています。全労済の総合保障は、病気による死亡が一番保険金が低く、400万となっています(車にひかれて死ねば1200万)。

ですので、1000万程度別な生命保険で用意する必要があると思います。また、学資保険(200万程度を予定)もプラスすれば400万+1000万+200万で1600万となり、保有資産と合わせれば3000万クリアです。

 

子供が増えたりしたら、スポットで必要な期間だけ、必要な額を掛け捨てで生命保険に追加で加入しようと思います。

 

今後の方針

現在いろんな保険会社から資料を取り寄せていろいろ検討している状況です。検討した結果について、ブログでまとめておこうと思います。

 先日学資保険加入のため、ソニー生命のライフプランナーから提案を受ける予定と書きましたが、この辺を保険屋らしくずばっと!指摘して、理にかなった万が一の時に必要な保険を提案してくれるといいんですけどね。

 

唯一気がかりなのは、お金を残しても遺族がちゃんと計画的に使えるかということだけがです。遺言に書いておくかや子供にしっかり教え込んでおくしかないですね・・・。

 

それにしても、最近はちょっとは真面目なことを書いているなあと我ながら思います(笑)

 

*1:2-1.私立の医歯系大学に6年間通った場合の教育費は2,965万円!


【広告】