板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



永久不滅ポイントの「ポイント運用サービス」の運用状況(2017年7月)

[広告]

梅雨明けしたと思ったら、もうお盆ですね。日が暮れる時間も少しずづ早くなっている気がします。夏になったと思ったら、すぐに秋になってしまいますね。最近あっという間に時間が過ぎてしまいます。

あっという間に老人になってしまいそうなので、早く資産形成をしなきゃなあとお盆休みに思います。

 

さて、少し遅くなってしまいましたが、永久不滅ポイントの「ポイント運用サービス」の7月の状況について記事を書きたいと思います。

 

 

2017年7月時点での運用状況

2017年8月9日時点で、200ポイント運用していて、運用結果は202.44ポイントとなっています。2.44ポイントの含み益となっています。詳しい運用状況は後述します。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170812232143j:plain

 

2017年6月時点での運用状況

先月の運用状況を報告した記事は次のようになっています。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

今までの運用実績

今までの運用実績のグラフは、6月から更新されていないようです。2か月に1回くらい更新されるんですかね?出来れば毎月更新してもらいたいものです。担当者の方見ていたらお願いしますよ(笑)

 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170812232322j:plain

 

各コースの運用状況

アクティブコースとバランスコースの運用状況の詳細は以下のようになっています。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170812232559j:plain

 

アクティブコースは、100ポイントを運用した結果、101.35ポイントとなっており、+1.35ポイントというの運用結果になっています。

 
バランスコースは、100ポイントを運用した結果、101.09ポイントとなっており、+1.09ポイントというの運用結果になっています。

 

両方のコースが前月より若干マイナスの運用成績になっていますね。6月までしか表示されていませんが、グラフを見るとアクティブコースのほうが成績良さそうですが、バランスコースもアクティブコースもそれほど激しい値動きはしていません。運用サービスが始まったのが、トランプラリーのあった1月からなので、大幅な上昇したあとだったというものあります。

 

運用実績の推移

運用を監視してから今月までの運用実績の推移は以下のようになっています。アクティブコース、バランスコースともに100ポイント投入して運用スタートしています。

【バランスコース】

  • 100ポイント(2016年12月22日)
  • 99.42ポイント(2017年1月27日)
  • 100.49ポイント(2017年2月27日)
  • 99.96ポイント(2017年3月30日)
  • 100.45ポイント(2017年4月30日)
  • 100.08ポイント(2017年5月31日)
  • 101.20ポイント(2017年6月30日)
  • 101.35ポイント(2017年8月9日)
【アクティブコース】
  • 100ポイント(2016年12月22日)
  • 99.93ポイント(2017年1月27日)
  • 98.49ポイント(2017年2月27日)
  • 97.83ポイント(2017年3月30日)
  • 99.92ポイント(2017年4月30日)
  • 100.98ポイント(2017年5月31日)
  • 101.43ポイント(2017年6月30日)
  • 101.09ポイント(2017年8月9日)

 

連動しているファンド

ちなみに、アクティブコースは以下のファンドに連動しているようです。

MSV内外ETF資産配分ファンド(Aコース)

 
 
バランスコースは以下のファンドに連動しているようです。

MSV内外ETF資産配分ファンド(Hコース)

 

今後の方針

運用して7か月経過しましたが、成績は収支がスタート当時は含み損でしたが、現在は若干のプラスとなっています。NYダウが最高値を更新しているので、アクティブコースはもっと成績良くてもいいような気がしますが、実際の運用成績はそうはなっていないようです。

元々、遊び感覚&ブログの更新ネタとで始めたので、ポイントの追加は行わずに今後もこのまま運用を続けていきたいと思います。永久不滅ポイントは1ポイントあたり5円なので、200ポイント≒1000円ですね。

ポイントで投資信託を購入できるサービスが出てきたり、証券会社も若い世代を取り込もうといろいろ努力していますね。

 


【広告】