板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



板橋区から住基カードの電子証明書の有効期限が切れるというお知らせが届きました

[広告]

最近TVを見ているとビットコインのCMをやっているのに気が付きました。分裂騒動を経て、この先どうなっていくのかなあと動向は気になっていましたが、CMをしてくる取引業者が出てくるのは意外でした。最近ビットコインがいろいろ取り上げられていますが、値動きが大きいので、大損する人がでないといいんですけどね・・・。

 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170830184034j:plain

さて、タイトルの通り板橋区から住基カードの電子証明書の有効期限についてのお知らせが届いたので、それについて記事を書きたいと思います。

 

 

板橋区からのお知らせ

郵便で有効期限について記載された案内が届きましたが、以下のように板橋区からもHPで案内がでています。

www.city.itabashi.tokyo.jp

個別にこういう案内送ってくるって珍しいと思うんですが、住基カードを発行している人が少ないのか、マイナンバーに移行を促進したのかどちらなんでしょうね?書面には、平成29年4月~平成30年3月に有効期限が満了になる方に送っていると書いてありますが。

あくまで板橋区の話なので、ほかの区については知りません。板橋の投資家ですから(笑)

 

2016年の確定申告

ふるさと納税やマネオなどで得た配当金を毎年e-Taxで確定申告しています。オンラインで手続きできるので、とても便利ですね。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

マイナンバー制度について

マイナンバー自体はすでに運用開始していて、通知カードは届いています。ただ、通知カードには公的個人認証サービスに使用する電子証明書がないので、e-Taxなどにはマイナンバーカードを発行してもらう必要があります。

www.city.itabashi.tokyo.jp

 

マイナンバーカードの手続き

マイナンバーカードは、窓口、郵送もしくはオンラインで申請ができるようですね。

www.city.itabashi.tokyo.jp

 

申請を行うと、住民票の住所に個人番号カード交付通知書が届くようです。それが届いたら、コールセンターもしくはインターネットで受け取りを予約し、指定日時に区役所もしくは区民事務所の窓口で受け取れるようです。

 

受け取り時に必要なものもあります。

必要なもの:本人確認類、交付通知書、通知カード、住基カード(持っている人のみ)

発行にかかる期間:特別な場合を除き、申請から1か月半程度

 

単純に思いました。手続きがすげーめんどくさい。申請は利用者の利便性考えて頑張っている感じがしますが、受け取りが面倒すぎます。e-TAXはとても便利なんですけど、マイナンバー取得がハードルが高いと思います。これじゃ、浸透しないだろうなあ・・・。

 

所感

とりあえず、今年もふるさと納税していますし、ソーシャルレンディングで運用して配当金をもらっているので確定申告するつもりです。ですので、マイナンバーカードを発行してもらう予定です。

ただ、マイナンバーカードって顔写真入りなんですよね。身分証明書の機能がいらないので、住基カードは顔写真なしを選択していたのですが、マイナンバーカードは顔写真なしは選べないようです。どうせ発行しても金庫の中にしまっておいて、確定申告などの時しか参照しないんですけどねえ。マイナンバーが運用された当初は、よく耳にしましたが、最近はマイナンバーという言葉もあまり聞かなくなりましたね。マイナンバー自体は、扶養の手続きで使われていますが、マイナンバーカード自体はあまり普及してないように思えます。周りで発行してもらったという人を見たことがないです。

 

何はともあれ、初回交付の手数料は無料なので、来年2017年の確定申告をする時までに手続きして発行してもらおうと思います。確定申告シーズンに駆け込みで申請するとみんな同じこと考えて、手続きが遅れたりすると困るので、少し早めに動きたいですね。

 


【広告】