板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



ジュニアNISAで積み立てる投資信託について

[広告]

そろそろ寒くなってきたので、こたつを出したり通勤用の冬用コートを出そうかなと思っている今日この頃です。羽毛布団は流石に寒くて出したんですけどね。

あと、ユニクロでウルトラライトダウンを買ってきました。めちゃくちゃ軽いですね。こんな薄っぺらで大丈夫なのかと思いましたが、見かけによらず暖かいんですね。

 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170914004717j:plain

さて、先日未成年口座とジュニアNISAの手続きが完了したという記事を書きました。今回はその続きで、ジュニアNISAでどの投資信託を積み立てることにしたかについて書きたいと思います。

 

【目次】

 

目的

 ジュニアNISAで資産運用する目的は、子供の大学費用の一部を賄うためです。お年玉やお祝いにいただいたお金を運用していきたいと思います。

 

未成年口座とジュニアNISA口座の手続き

子供の資産を運用するために未成年口座とジュニアNISAの手続きを行った時の記事です。

前回、未成年口座とジュニアNISAの手続きが同時に完了したような記述でしたが、正確には未成年口座が開設されたから3週間くらいでジュニアNISAの手続きが完了しました。記事が不正確だったことをお詫びします。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

運用方針

大学費用を賄うのが目的で必要な時期は決まっています。子供が大学行かないとか言い出したら困りますが、その時はその時です。

あまり失敗できない資金なので、リスクを取り過ぎることはできません。また、ジュニアNISAは非課税期間は5年ですので、個別株を扱うことはやめようと思います。

ETFか投資信託で運用することが前提になりますが、積立ができるのは投資信託なので投資信託メインで運用したいと思います。また、全額を投資信託で運用するのではなく、銀行口座にもある程度貯めていく予定です。

 

候補となった投資信託

インデックスファンドを組み合わせて運用することも考えましたが、リバランスするは手間もかかりますし、欲が手たりするとろくなことがないので、バランスファンドで運用することにしました。そんな感じで良さそうなバランスファンドを探してみました。

 

  • 三井住友TAM-SMT インデックスバランス・オープン
    信託報酬 (税込)/年:0.54%、信託財産留保額:0.1%
  • 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
    信託報酬 (税込)/年:0.54%、信託財産留保額:0.1%
  • 三井住友TAM-SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)
    信託報酬 (税込)/年:0.7344%、信託財産留保額:0.15%
  • ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)
    信託報酬 (税込)/年:0.216%、信託財産留保額:なし
  • One-たわらノーロード バランス(8資産均等型)
    信託報酬 (税込)/年:0.2376%、信託財産留保額:なし
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)
    信託報酬 (税込)/年:0.54%、信託財産留保額:0.1%
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)
    信託報酬 (税込)/年:0.54%、信託財産留保額:0.05%
  • 三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイディフェンダー)
    信託報酬 (税込)/年:0.54%、信託財産留保額:0.05%

 

探してみて感じたのですが、バランスファンドも以前よりラインナップが増えて、低コストのものが出てきているなあと感じました。当然これ以外にもバランスファンドはあります。

 

絞り込み

三井住友TAM-SMTのインデックスバランス・オープン、世界経済インデックスファンドはおなじみのバランスファンドですね。私も積み立てていますし、規模も大きく安心感があります。

 

SBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)は、個人的に好きなポートフォリオですが、信託報酬がちょっと高めですね。

 

たわらノーロード バランス(8資産均等型)は、無難といえば無難なんですが、ちょっと面白みが少ないというか、全部均等だと逆に不安です。

 

ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)は、低コストでよいバランスファンドだと思います。

 

eMAXIS 最適化バランスは、ちょっと面白くて期待収益率とリスクをもとにファンドが構成されています。要するにどのくらいの値動きなら受け入れられるかという観点から選ぶ投資信託になります。こういうアプローチもありですね。売却する時が近くなった時に値動き激しすぎると困りますから、あらかじめ予測されているといいと思います。

 

候補の絞り込み

悩んだ末に、「三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイフォワード)」と「三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)」が候補として残りました。2つのファンドも純資産が10億円程度で規模が小さいのが気がかりですが、資金はどんどん流入していますし、つみたてNISAの投資信託にもなっているので今後も資金は入ってくると思っています。

 

マイディフェンダーもいいんですが、ちょっと保守的すぎるなあと思います。出口が近い場合はいいかもしれませんが、まだ出口には時間があるので外しました。

最適化バランスといっていますが、マイミッドフィルダーは年率標準偏差が12%となっていて、マイフォワードは年率標準偏差が16%となっています。もっともこれはあくまで予測です。

 

目論見書には、各ファンドの資産クラス別比率が次のように記載されています。この比率は市況によって変わるんでしょうね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171029222013j:plain

 

マイフォワード

eMAXIS 最適化バランス(マイ フォワード) | eMAXIS

純資産総額:7.05億円

騰落率を見てみると、上は49.0%、下はマイナス14.4%となっています。結構値動き激しいですね。ただ、リターンはほかの資産クラスに比べるとしっかりしてそうです。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171029222144j:plain

 

マイミッドフィルダー

eMAXIS 最適化バランス(マイ ミッドフィルダー) | eMAXIS

純資産総額:10.33億円

騰落率を見てみると、上は39.9%、下はマイナス9.3%となっています。結構値動き激しいですが、ほかの資産クラスと比較すると値動きが控えめな割にリターンが高そうです。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171029222222j:plain

 

積み立てることにした投資信託

悩みましたが、リスクをちょっと抑えて「三菱UFJ国際-eMAXIS 最適化バランス(マイミッドフィルダー)」を積み立てることにしました。

早速、SBI証券のHPで積立設定を行いました。11月から投資信託の積立が開始される予定です。

 

最後に

ジュニアNISAで教育資金目的ということなので、許容できるリスクから積立する投資信託を選んでみました。

ジュニアNISAは、最初は話題にはなりましたが、今では全然話を聞きません。あまり活用されていないんですかね?非課税期間をつみたてNISAのように長期間にしてくれれば、使い勝手良くなると思います。

何はともあれ運用できる環境が整ったので、積立て運用していきたいと思います。しかし、最近はジュニアNISAまったく話聞きませんね。やってる人どのくらいいるんですかね?

 


【広告】