板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



青春出版社の「月刊BIG tomorrow」が休刊するようです

[広告]

そろそろ忘年会の季節になりますね。私も公私でいくつか忘年会がありますが、仕事上の付き合いでの忘年会はおっくうで仕方がないです。仕事と割り切って仕方なくいくんですけど、貴重な時間とお金を使ってまでやる意味あるのかなあと思います。

まあ、こんなこと書くと今どきの若い者は云々とか言われてしまうんですけどね(笑)

そんな会社での付き合いはできるだけ疎遠にしたい今日この頃です。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170830193803j:plain

さて、青春出版社の「月刊BIG tomorrow」が休刊するようなので、それについて記事を書きたいと思います。

 

【目次】

 

ITMediaでのニュース

私が「月刊BIG tomorrow」が休刊することを知ったのはITMediaでの記事を見て知りました。

www.itmedia.co.jp

 

 

月刊BIG tomorrowとは

ITMediaのニュースにもBIG tomorrowについて説明がありましたが、青春出版社が発行している会社員の男性向けの雑誌です。男性向けといっても、ビジネスや副業・お小遣い稼ぎなどを取り上げている雑誌です。

www.seishun.co.jp 

以下のURL(広告出稿について)で休刊について告知がしてあります。

www.seishun.co.jp

 

このブログと「月刊BIG tomorrow」の関係

それでなぜそのことを記事にしたかというと、以前私が縁があって「月刊BIG tomorrow」の増刊号で取材を受けて掲載されたことがあるからです。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

その後、もう1回「月刊BIG tomorrow」からお話があって、掲載していただくことができました。掲載といっても以前掲載された内容の再掲載ですけどね。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

雑感

自分が取材を受けて掲載された雑誌が休刊ということで、とても残念な気持ちになりました。私が取材受けたのは「月刊BIG tomorrow」さんが初めてだったので、製本された本が届いて自分が取材受けた気を見たときはとてもうれしい気持ちと感慨深いものがありました。ブログ書いているとこんなこともあるんだなあと思い、ブログやっていてよかったなあと感じました。今でもその雑誌は取ってありますよ(笑)

 

今までだったら、ふ~ん休刊?そうなんだって感じで流していましたが、流石にネットニュースで休刊が取り上げられているのを見たときは、スルーはできませんでしたね。

 

雑誌に限らず、出版業界も書店も置かれている状況がとても厳しいのは、メディアなどで目にしていましたが、改めてその厳しさを思い知りました。

雑誌に限らず、書籍など情報が整理されて製本された媒体は、情報が古くなる面がありますが、理解しやすいように書かれていますし、価値があると思うんです。

いや、だったらこのブログも理解しやすいように書けよって指摘されそうですが、それはそれ、これはこれで、まあ無理です(笑)

実際編集者の方や校正される方はすごいと思いますよ。

 


【広告】