板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の信託報酬を引き下げるようです

[広告]

アメリカはブラックフライデーという小売業にとって一番大事な時期ですが、日本でもイオンなどがブラックフライデーを取り入れてセールを行っているみたいですね。

個人的に財布のひもが緩んで消費が拡大すればよいとは思いますが、セールの時だけ買って、あとはずっと節約という流れにならないといいですね。f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171124003307j:plain

さて、 三菱UFJ国際投信が販売している低コスト投資信託「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」が信託報酬を引き下げるようなので、それについて記事を書きたいと思います。

 

【目次】

 

先日書いたeMAXIS Slimの信託報酬引き下げについて

いやー、先日eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)の信託報酬が引き下げられるという記事を書いたばかりですが、三菱UFJ国際投信のHP見ていたらプレスリリースに出ていたので、驚きました。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

私も新興国株式に投資するために「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」を保有して、毎月積み立てています。「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」にする前は、同じ三菱UFJ国際投信の「eMAXIS 新興国株式インデックス」を積み立てていました。

 

新興国株式インデックスの信託報酬引き下げ

11月22日(水)にプレスリリースされたようなのですが、その記事書いたのが23日なので、もっと記事書く前に調べておけよって言われたらそれまでなんですけどね。

 

対象ファンド名:eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

変更前:0.339% → :0.190%

時期:2017 年 12 月 13 日より

 

新しい信託報酬は、0.190%と先進国株式インデックスとほぼ変わらない信託報酬となっています。変更前の0.339%でも低いと感じていましたが、ここまで下がってくるとは思っていませんでした。

 

プレスリリースみると他社の投資信託の引き下げを受けてさらに下げたという記載がありましたが、どこに対抗したのでしょう?調べてみましたが、見つかりませんでした。

 

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」について

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの概要は以下の通りです。詳しくはHP見てもらうのがいいと思います。

 

ベンチマーク:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

運用管理費用(信託報酬):0.339%

信託財産留保額:なし

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは、純資産金額に応じて信託報酬が変わります。

  • 500億円未満の部分→0.339%
  • 500億円以上1,000億円未満の部分→0.334%
  • 1,000億円以上の部分→0.329%

ただし、現在純資産金額が500億未満なので、0.339%となっています。

 

雑感

こないだ下げたばかりだから、しばらく下がらないだろうなあと思っていましたが、そうではなかったようです。信託報酬が安いインデックスファンドを選んでも、ちょっとすると他社が引き下げたりして、さらに対抗して引き下げるという状況が続いているので、インデックスファンドを選ぶときの基準は、純資産総額の大きさが一つのポイントになってくると思います。

あと、信託報酬の引き下げ競争が激しいですが、実際運用した実質コストがどのくらい各社で差が出ているかを今度調べてみたいと思います。

 

 

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」への乗り換え

「eMAXIS 新興国株式インデックス」から「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」への乗り換えをした時の記事です。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 


【広告】