板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



富士屋ホテルのリゾートパスポート2018が発売されています

[広告]

1月も終わり2月になりましたね。1年の12分の1が早くも終わったわけです。そんなこんなで都内も雪が降るとか降らないとか微妙な天気予報になっていますが、前回のように大雪にならないといいですね。次回は早めに帰ろうと思って、結局出遅れたので、今回積もる気配があれば、すぐに帰りたいと思います。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20170702222018j:plain

さて、今年も富士屋ホテルのリゾートパスポートが発売されるようなので、それについて記事を書きたいと思います。去年購入した人には、郵送で販売の案内が届いているようですね。

 

【目次】

 

リゾートパスポート2018

www.fujiyahotel.co.jp

概要

  • 料金・・・1口 ¥26,000(諸税含む)
  • 販売・・・4,000口
    ※販売数に達し次第申込受付を終了。
  • 内容・・・1口(¥26,000)に含まれるもの
    宿泊可能な宿泊券(1枚で1室2名様利用・室料のみ)・・・2枚
    10%割引カード・・・2枚(ホテル・レストラン・ゴルフ場にて、飲食、日帰り温泉入浴および富士屋ホテル倶楽部商品を10%割引にて利用可能。有効期間中に何度でも利用可能だが、一部除外施設あり。)
  • 有効期間・・・2018年4月1日~2019年3月31日
    ※有効期間を過ぎてのご利用はできない

 

利用可能日

いつでも宿泊可能というわけではなく、基本的に利用日が決められています。基本的に平日の空いている日に安く泊まれる(ホテルは空室が減る)という使い方ですね。都合がつきやすいシニア層には便利ですかね。

  • ホテル:有効期間内の日曜日~金曜日および祝日のご宿泊
  • ゴルフ場:有効期間内の月曜日~金曜日のセルフプレー
 

利用除外日

利用日が決められている中で、除外されている日があります。GWや夏休みなどのトップシーズンですね。この辺は昨年と変わりがないようです。

  • 全ホテル共通除外日
    土曜・休前日および
    5月3日~5月5日、8月5日~8月17日、11月23日、12月30日~1月3日
  • 箱根ホテル
    全ホテル共通除外日+7月31日
  • フルーツパーク富士屋ホテル
    全ホテル共通除外日+8月1日~8月3日
  • 富士屋ホテル仙石ゴルフコース
    土曜・日曜・祝日および1月中旬~2月下旬
 
※ホテルについては5月2日、11月22日、3月20日は休前日ですが、利用できるようです。

 

利用可能ホテル

  • 湯本富士屋ホテル
  • 箱根ホテル
  • 富士ビューホテル
  • 甲府富士屋ホテル
  • フルーツパーク富士屋ホテル
  • 大阪富士屋ホテル

大阪富士屋ホテルが新しく利用可能ホテルとして追加されています。

 

利用可能ゴルフ場

  • 富士屋ホテル仙石ゴルフコース

パスポート1枚で1名プレイ可能なようです。ただ、2名からなので実質2枚必要ですね。私はゴルフやらないので、関係ないです。 

 

利用可能レストラン

  • 富士屋ホテル 別館 菊華荘
  • 霞ヶ関別亭 桂(東京・霞が関)
  • フュージョンダイニングF(神奈川・小田原)
  • ベーカリー&スイーツPICOT(箱根・宮ノ下)

宮ノ下の富士屋ホテルは休業ですが、菊華荘ベーカリー&スイーツPICOTは営業を続けるようです。それ以外に、都内や小田原にあるレストランで割引されるようです。

 

菊華荘については、予約が必要ですが、リゾートパスポート1枚で昼食【会席料理+ワンドリンク】2名分として使えるようです。

 

昨年との違い

2017年は6000口の販売でしたが、今年2018年は4000口の販売となっています。これは、おそらく宮ノ下の「富士屋ホテル」が改修工事に入るため泊まれる枠が少なくなっているためだと考えられます。

また、昨年はホテルのレストランや売店で使用できる10%割引券は4枚でしたが、今年は「10%割引カード」 となり、何回も使えるようになったようです。これはちょっとうれしいですね。昼早めにホテルへついて、富士屋ホテル名物のカレーをランチに食べて、チェックインして夕食ということをしても割引券が足りなくなることがありません。

どんだけ富士屋ホテル好きなんだよ!といわれそうですが、カレー、パン、アップルパイなどはおいしいですし、私は好きです。

 

リゾートパスポート2017

www.fujiyahotel.co.jp

 

概要

  • 料金・・・1口¥26,000(諸税含む)
  • 販売・・・6,000口 (2017年は販売を終了)
  • 内容・・・リゾートパスポート(1口)に含まれるもの
    宿泊可能な宿泊券(1枚で1室2名様利用・室科のみ)・・・2枚
    ご飲食10%割引券・・・4枚
    富士屋ホテル倶楽部商品10%割引券・・・2枚
  • 有効期間・・・2017年4月2日 ~ 2018年3月30日
    ※期間を過ぎてのご利用はできない

 

利用日

有効期間内の日曜日 ~ 金曜日及び祝日のご宿泊

利用除外日

  • 全ホテル共通除外日・・・土曜・休前日及び5月3日~5月5日、8月1日~8月16日、11月3日、12月29日~1月3日
  • 富士屋ホテル・・・全ホテル共通除外日+8月17日・8月18日
  • 箱根ホテル・・・全ホテル共通除外日+7月31日
  • 甲府富士屋ホテル・・・全ホテル共通除外日+12月27日・12月28日
 
※4月28日、5月2日、9月22日、11月2日、11月22日、12月22日、3月20日は休前日ですが、利用可能。

 

「富士屋ホテルのリゾートパスポート2017」購入レポート

富士屋ホテルのリゾートパスポート2017を実際に購入した時の記事です。富士屋ホテルのリゾートパスポートを買うのは、これが初めてでした。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

「富士屋ホテル」宿泊レポート

富士屋ホテルのリゾートパスポート2017を実際に使って、宮ノ下の有名なクラシックホテル「富士屋ホテル」に泊まってきたときの記事です。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

雑感

宮ノ下にあるクラシックホテル「富士屋ホテル」が2018年4月から改修工事に入る影響で、今年のリゾートパスポートでは若干魅力が低下していると思います。まあ、これは富士屋ホテルがクラシックホテルという知名度があるためなので、仕方ないと思います。

対象ホテルが追加されたり割引券がカード式になるなど、利便性は少し向上していると感じました。

 

去年使ってみて、お得と感じたので今年も購入する予定です。今年は去年泊まった宮ノ下の「富士屋ホテル」には宿泊できないので、箱根湯本にある「湯本富士屋ホテル」にでも行ってみようかと思います。前回は名物のカレーを食べられなくてレトルトカレーをお土産として買ったので、今回はちゃんと食べてみたいですね。

 

今年は発行数が少なく、去年も割と早く販売終了になってしまったので、欲しい方は早めに購入することをお勧めします。 

ただ、利用できる日が基本的に平日なので、普通の会社員の方は休みを取る必要がありますね。素泊まりで泊ってもよいし、外で食べてもいいですし、ホテルのレストランでご飯を食べてもよいので、使い勝手は悪くはないです。ホテルのレストランですが、割引使っても値段が少々しますが、そこはブランド料なのでしょう。

ホテルによっては、リゾートパスポート限定メニューも用意されていますので、ホテルとしてはできればホテル内で食べて欲しいようです。

 


【広告】