板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)第35期の分配金

[広告]

北朝鮮の指導者が、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射の中止、核実験場の廃棄を宣言したようですが、今までの行動を見ていると本当なのかなあと思ってしまいます。もちろん、世界は平和であってほしいですが、国と国との利害がぶつかり合う中で、きれいごとだけで済まないと思うんですよね。

相場への影響も大きそうなので、今後の動向を注視したいと思います。 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171125024431j:plain

さて、上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)の第35期(平成30年1月11日~平成30年3月10日)の分配金をいただいたので記事に書きたいと思います。

 

【目次】

  

「上場インデックスファンド新興国債券」(1566)とは

毎回コピペですが、例によって例のごとく一応このETFの紹介をしておきます。

1566 - 上場インデックスファンド新興国債券(上場新興国債) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

 

新興国の現地通貨建て債券に投資し、円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの動きに連動する投資成果をめざして運用するETFです。

 
ファンド名:上場インデックスファンド新興国債券(愛称:上場新興国債)

銘柄コード:1566

上場日:2012年3月30日(2012年1月30日設定)

決算日:毎年、奇数月の各10日

運用管理費用(信託報酬):年率0.378%(税抜0.35%)以内

その他の費用・手数料:年率0.1%を乗じた額の信託期間を通じた合計を上限とする額

 

ちなみに、2018年4月31日時点でのこのETFの利回りは、5.82%となっています。  

 

今期の分配金

上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)の第35期(平成30年1月11日~平成30年3月10日)の分配金です。

現在10口保有しており、1口あたり491.00円なので分配金は4,910円でした。1口あたりの分配金は前回から若干上がって400円台になりました。為替の影響をダイレクトに受けるのでこの辺の変動は避けられないですね。

 

分配金ですが、NISA口座での保有と特定口座での保有があるので、特定口座での保有分に関しては課税されます。ですので、4,910円すべてが私の手元にわたるのではありません。それぞれの内訳は以下のようになります。

 

  1. NISA口座での保有:8口
    →配当金額:3,928円
  2. 特定口座での保有:2口
    →配当金額:982円 所得税:150円 地方税:49円 受取金額:782円

1と2を合算した、4,710円が実際に受け取った金額になります。

 

前期の分配金

前回は8口保有しており、1口あたり501.00円なので分配金は4,008円でした。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

  

2018年の分配金

2018年の上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)からの分配金は以下のようになっています。

  • 第34期(平成29年11月11日~平成30年1月10日) 8口 分配金4,008円(1口あたり501.00円) 受取金額4,008
  • 第35期(平成30年1月11日~平成30年3月10日) 10口 分配金4,910円(1口あたり491.00円) 受取金額4,710円

今までの経験だと変動はありますが、2か月に1回分配金で1口あたり500円の分配金があります。

年間6回いただける計算になるので、10口保有していれば約30,000円くらい配当金をいただける計算になります。 

「上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)」と「上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)(1555 東証)」を合わせて2万円くらい配当金をもらえるようになれば、かなり世界が変わりそうな気がします。

 

今後の方針

第34期の権利確定日から2口追加購入を行いました。ただ、特定口座での保有になるので、分配金には税金がしっかり課税されました。いやー、税金高いですね。

保有している「上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)」は「上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)(1555 東証)」同様に現在含み損が出ている状況です。ただ、分配金を加味すると実質はプラスになっています。

 

1口あたりの購入金額がちょっと高いですが、利回りは悪くないと思うので現在保有しているものはそのまま保持しつつ、ほかのETFとのバランスを考えながらこのETFを追加購入していきたいと思います。

 

 


【広告】