板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)第36期の分配金

[広告]

 

今日は土用丑の日ですね。金曜日なので、早く家に帰ってビール飲みながらウナギを食べたり、豪華にうなぎ屋で鰻重食べたりされた方もいるのではないでしょうか?

鰻も絶滅が危惧されて、いつまで食べられるかわかりませんが、何とか水産資源と折り合いをつけて欲しいものです。ただ、価格はだいぶ高騰しているようで、うなぎではなく、ナマズなどのかば焼きで代用する方もいるようですね。

さて、上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)の第36期(平成30年3月11日~平成30年5月10日)の分配金をいただいたので記事に書きたいと思います。

 

【目次】

  

「上場インデックスファンド新興国債券」(1566)とは

毎回コピペですが、例によって例のごとく一応このETFの紹介をしておきます。

1566 - 上場インデックスファンド新興国債券(上場新興国債) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

 

新興国の現地通貨建て債券に投資し、円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの動きに連動する投資成果をめざして運用するETFです。

 
ファンド名:上場インデックスファンド新興国債券(愛称:上場新興国債)

銘柄コード:1566

上場日:2012年3月30日(2012年1月30日設定)

決算日:毎年、奇数月の各10日

運用管理費用(信託報酬):年率0.378%(税抜0.35%)以内

その他の費用・手数料:年率0.1%を乗じた額の信託期間を通じた合計を上限とする額

 

ちなみに、2018年7月18日時点でのこのETFの利回りは、6.04%となっています。  

 

今期の分配金

上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)の第35期(平成30年1月11日~平成30年3月10日)の分配金です。

現在10口保有しており、1口あたり486.00円なので分配金は4,860円でした。1口あたりの分配金は前回からさらに5円ほど下がっています。アメリカの金利や為替の影響をダイレクトに受けるので、変動は避けられないですね。

 

分配金ですが、NISA口座での保有と特定口座での保有があるので、特定口座での保有分に関しては課税されます。ですので、4,860円すべてが私の手元に残るのではありません。それぞれの内訳は以下のようになります。

 

  1. NISA口座での保有:8口
    →配当金額:3,888円
  2. 特定口座での保有:2口
    →配当金額:972円 所得税:148円 地方税:48円 受取金額:776円

1と2を合算した、4,664円が実際に受け取った金額になります。

 

前期の分配金

前回は10口保有しており、1口あたり491.00円なので分配金は4,910円でした。  

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

 

2018年の分配金

2018年の上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)からの分配金は以下のようになっています。

  • 第34期(平成29年11月11日~平成30年1月10日) 8口 分配金4,008円(1口あたり501.00円) 受取金額4,008
  • 第35期(平成30年1月11日~平成30年3月10日) 10口 分配金4,910円(1口あたり491.00円) 受取金額4,710円
  • 第36期(平成30年3月11日~平成30年5月10日) 10口 分配金4,664円(1口あたり486.00円) 受取金額4,710円

今までの経験だと変動はありますが、2か月に1回分配金で1口あたり500円の分配金があります。

年間6回いただける計算になるので、10口保有していれば約30,000円くらい配当金をいただける計算をしていたのですが、分配金が500円割っているのでちょっと厳しそうですね。 

 

「上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)(1555 東証)」の分配金を合わせると2か月に1回で6000円くらい配当金をもらえるようにりました。毎月3000円くらいもらえていますね。

 

今後の方針

第35期の権利確定日からは追加購入は行っていません。追加で購入しようとは思っていたのですが、ちょっと値動きが激しそうだったので、見送りました。配当金高いんですけど、1口あたりの金額も高いためなかなか手が出せません。

 

保有している「上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債)(1566 東証)」は、現在含み損がそれなりに出ている状況です。ただ、分配金を加味すると実質はプラスになっています。

昔は1口6万円台とかいっていたんだなあ~と購入履歴を見てしみじみと思います(遠い目)

 

アメリカの利上げの影響で、新興国から資金が流出していると思われるので、価格も為替も分配金もあまりよくない方向へ動いていますが、それでも利回りは悪くないと思うので現在保有しているものはそのまま保持しつつ、ほかのETFとのバランスを考えながらこのETFを追加購入していきたいと思います。

アメリカの高金利もずっとは続きませんからね。また10年くらいたてば、新興国に資金が戻ってきそうな気がします。

 


【広告】