板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」から特典のサクランボが届きました

[広告]

日本の最高気温を埼玉の熊谷が更新したりと暑い日がまだまだ続いています。 学校が夏休みになったおかげで、通勤の混雑は幾分マシになりましたが、この暑さはなんともなりません。休暇を取って避暑地に逃げたいですが、今年は軽井沢などの避暑地もかなり暑いようですね・・・。

週末に家で飲む冷たいビールを楽しみになんとか毎日頑張って過ごしています。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180725013700j:plain

さて、以前ミュージックセキュリティーズの「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」へ投資したという記事を書きました。その「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」から特典のサクランボ(紅秀峰)が届いたので、紹介(という名の自慢)をしたいと思います。

 

【目次】

 

久しぶりのミュージックセキュリティーズに関連する記事ですね~ 

 

「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」へ投資

ミュージックセキュリティーズの「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」へ投資した時の記事です。1年半くらい前ですね。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

1口30,000円で申し込めるので、1口申し込みました。

 

投資家特典

・期間中1回、さくらんぼ4,000円(佐藤錦か紅秀邦を1キロ相当)もしくは、ぶどう4,000円(シャインマスカット、ピオーネ、ハニービーナス、ナイヤガラ、スチューベン等の詰め合わせ4キロ相当)
・果物狩り(1,700円~2,700円/人)無料(ファンド期間中年1回)

※特典のご選択は、営業者よりアンケートを2017年4~5月頃に実施予定です。
※さくらんぼは、6月中旬から7月中旬、ぶどう9月~10月頃送付予定です。

投資家特典として何をもらうかについて、家族と協議した結果、さくらんぼ4000円をもらうことになったので、少し前に希望を登録しておきました。

こういうところで勝手に決めてしまうと、家族内で異議申し立てが発生したりして、紛糾するので、家族と真摯に向き合って丁寧な説明が大事だと感じています。

どこかの国会議員の先生たちにも見習ってほしいものですね。

 

高橋フルーツランドについて

今回「さくらんぼとぶどう屋のパフェファンド1」で投資したのは、山形県にある「高橋フルーツランド」です。

takahashi-fl.jp

 

土にこだわって果物を育て、果物狩りや併設のカフェで果物を使ったパフェなどを提供しています。私の出身地福島もフルーツ栽培が盛んですが山形も盛んですね。

同じ東北の近県で、高品質の果物を加工して提供するという面にひかれて投資しました。

 

届いた特典(サクランボ)

佐藤錦か紅秀峰(ファンドの説明では、紅秀邦となっていましたが、紅秀峰が正しいようです)のどちらかを選ぶことができずに、届いたお楽しみという感じでした。

 

クール宅急便で届きました。誰からもお中元もらえないので、正直助かりました(笑) 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023546j:plain

 

等級は「秀」で、階級は2Lとなっています。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023607j:plain

 

 サクランボの赤を意識したと思われる赤色の段ボールで送られてきました。サクランボと言えば山形なので、山形を前面に出していますね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023658j:plain

 

真っ赤に熟したサクランボ(紅秀峰)が1キログラム詰まっていました。1粒1粒が大きいですね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023721j:plain

 

箱の中に、文書が入っていました。内容は、特典にサクランボについてと事業が拡大しているという内容でした。便箋もサクランボですね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023747j:plain

 

パンフレットなども同封されていました。かみのやま駅前やエスパル山形店にも出店しているようですね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20180721023801j:plain

 

紅秀峰について

サクランボ=佐藤錦という認識でしたので、正直この品種は聞いたことがありませんでした。一般的にそういう認識だと思います。調べてみました。

www.ajfarm.com

 

『佐藤錦』よりも約2週間ほど遅れて収穫される晩生種の品種です。 簡単に紹介しますと、紅秀峰は昭和54年に山形県で、『佐藤錦』と『天香錦』という品種を交配して開発された比較的新しい品種で、最も人気の『佐藤錦』に比べて大粒で、果肉が硬く歯応えがあり、酸味が少なく糖度が高い事が特徴です。

 

とにかく粒が大きく歯応えがあるので食べ応えがあり、食べてみて、率直な印象としては「大粒さくらんぼ」といったところでしょうか。収穫期は7月に入ってからなので、お中元の贈答品として利用価値が高い期待のサクランボです。

 佐藤錦を改良して作られた新しい品種の様です。収穫時期が若干遅く、大粒で保存に適している特徴があるようです。

酸味が少なくて甘いのは大歓迎ですね~

 

食べた感想

正直な話、サクランボってそんなに美味しいと思ってなかったんですよね。前にももらって食べたことがありましたが、酸っぱいいし、味も薄くて、あんまりおいしいイメージはなかったです。そんなに美味しくないのに、どうしてそんなに値段が高いんだとうと疑問に思っていました。

 

洗って食べたのですが、今までのネガティブなイメージを消し去るくらい美味しかったです。今回いただいたサクランボ、すごく甘いんですよね。

 

全然酸っぱくない!

 

味も薄くない!

 

大粒で食べごたえがある!

 

量も1キロと十分すぎるほどあったので、家族で美味しいサクランボを満喫することができました。

4000円相当とあいましたが、確かにそのくらいはしてもおかしくない味と品質だと感じました。

 

最後に

自分が投資した製品や商品が共感できるか、ファンになれるかは割と私の中では、重要な観点なので、こういう風に実際に送っていただけるのは良いなあと思います。

 

ただ、農作物への投資なので天候などコントロールできない要素も多いとは認識しています。ファンドが償還されるのはまだまだ先ですが、今回のような美味しいサクランボ作っている農家なら応援するために投資するのもやぶさかではないなあと思います。

 

最後に、今までサクランボ農家さんをディスっていたというか、サクランボ美味しくないって言っていてごめんなさい。美味しいサクランボもちゃんとあることがわかりました。

ただ、スーパーとかで売っているの買うとまた痛い目見るんですよね(笑)

 

 

「極寒完熟マンゴー 摩周湖の夕日ファンド」の特典

 「極寒完熟マンゴー 摩周湖の夕日ファンド」から特典のマンゴーが届いたときの記事です。

the-unsung-war.hatenablog.jp

 


【広告】