板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



マネオの投資案件で発生した遅延の進展状況について

[広告]

アメリカは中間選挙で盛り上がっているようですね。他国の選挙ですが、アメリカの大統領は実質的に世界にキングなので、その動向が世界に与える影響は大きいです。なんといっても、現職の大統領がいろいろ物議を醸しだすトランプ大統領ですからね。勝っても負けても一波乱ありそうな気がします。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171113015146j:plain

さて、先日マネオでいつくかの投資案件で遅延が発生し、その中に私が投資していた案件も含まれていたという記事を書きました。maneoからのメールで、11月6日に状況を説明するメールを送ると書いてあり、メールが届いていたのでそれについて、記事を書きます。結論先に書くと、特に進展はなかったわけですが・・・

 

【目次】

 

マネオの投資案件で遅延発生

the-unsung-war.hatenablog.jp

資産運用で儲かったっていう記事を書くのは楽しいですし、そういう記事は多く見かけます。ただ、失敗した記事を書く人はそれに比べて少ないですし、こういうリスクもあるということを踏まえて投資してほしいので、私は公開しようと思っています。

いや、単純に私の脇が甘かったというだけなんですけど、あえて醜態をさらします。 

 

私の投資状況

「【不動産担保付き】1,000億円突破記念ローンファンド【第2弾】106号(案件1:C社、案件2:AN社) 」 へ5万円投資していました。

www.maneo.jp

 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20181106002428p:plain

前回も書きましたがこのシリーズ案件は、後半に連れて利回りが高くなる半面、担保の順位が下がります。私は最後のほうだったので、7位です・・・。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20181106002709p:plain

 

債権の回収状況

マネオから届いたメールには以下のように記載されていました。

2.回収活動状況について

本件融資の担保対象となる不動産(以下「本物件」)は、神奈川県川崎市内の土地及び建物です。
maneo社が事業者C社への融資を審査した当時、本物件の購入を検討する事業者からの買取希望価格の提示がございました。
また、その買取希望価格に加えて不動産評価システムによる不動産評価も参考とした担保評価の提示を受けました。
これらを踏まえmaneo社は担保評価を行いました。
事業性評価といたしまして、不動産事業者CU社に対するスポンサー企業が融資審査当時には存在していました。
maneo社は、このスポンサー企業による事業期間中の資金支援も含めた期中の事業性についての事業者C社の審査結果等を踏まえた融資審査を実施した上で、事業者C社への融資を実行いたしました。
maneo社としては、担保不動産は一般的には金融機関等から資金調達した上で購入することを必要とするであろう高額の価格帯であるものの、
当初に事業者C社から提示を受けた担保評価から一定の市場性、流動性は見込めるものと判断し、事業者C社が同社のネットワークを活用して実施していた担保不動産の売却による回収活動を支援してまいりました。
しかしながら、今夏からの急速な金融環境の変化などの影響で、上記での想定より流動性が低下しつつあり、融資金の元本が棄損する可能性が高まることとなりました。
現在、東京都内の大手不動産会社の系列企業が購入検討中であるほか、大手不動産仲介会社や不動産コンサルタント会社を通じ、複数の企業に検討を打診中でございますが、本日現在、具体的な契約等には至っておりません。
引き続き、当社は、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、事業者C社から定期的な回収活動の報告を受けるとともに、協力してまいります。

 売却先を探しているようですけど、なかなか見つかないようですね。

とりあえず、回収の目途はたっていないようです。そりゃ、簡単に売れていればこんなことにはなりませんよねー。

 

気になること

少し気になることがあります。担保の評価額は、焦げ付いても大丈夫な金額でしたが、実際売却しようとして、流動性が低下しているのでうまく売却できないと書いてあります。

首都圏の不動産って過熱しているなあと思っていたのですが、流動性が低下しているというのはこの土地だけなのか、それとも全体に当てはまる状況なのかが気になります。

単に売れそうもない変な土地に融資して、焦げ付いちゃった~っていうのなら、いいのですが(本当はよくないです。)、不動産市場全体が冷え込む傾向を見せているのなら注意しなくてはなりません。

 

今後の方針

どちらにしても、1円でも高く売却していただかないことには、どうしようもないので早く売却先見つかってほしいですね。また何か、進捗があれば記事に書きたいと思います。マネオで投資するなら案件の選び方を気を付けないとだめだと今回学びました。

 


【広告】