板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



ファミリーマートの「ファミマこども食堂」について思うこと

[広告]

今年も恵方巻は大量に作られて大量に破棄されているようですね。私も昨日夜スーパーにいったら半額だったので、晩御飯は恵方巻になりました。最近は、海鮮系だけじゃなくて、とんかつが挟まっていたり、恵方巻型のロールケーキがあったり、いろいろあるんですね。東北東の方角を向いて一気に食べることはせず、包丁で食べやすい大きさにきって、ゆっくり食べました(笑) 

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20171116002303j:plain

さて、ファミリーマートが「ファミマこども食堂」を実施するという発表がされて、メディア等で賛否両論いろいろな意見が交わされていますが、私もちょっと思うところがあるので、記事にしたいと思います。

といっても、慈善家ではなく個人投資家として感じたことなので、ためになる意見とか全くないので、ここで回り右してください。

 

 

ファミリーマートのプレスリリース

ファミリーマートは、言わずと知れた「8028 ユニー・ファミリーマートホールディングス(株)」が展開するコンビニエンスストアです。

www.family.co.jp

 

日本経済新聞の記事

「ファミマこども食堂」について、日本経済新聞が取り上げています。

www.nikkei.com

 

「ファミマこども食堂」とはどんな食堂か?

俗にいう無料で食事を提供する「こども食堂」とは違って、参加料金を徴収するようです。

記事によると、小学生以下の子どもは100円、中学生以上や保護者が400円で、弁当やスイーツ、飲料などを提供する予定とあります。また、参加人数は1回あたり10人程度を想定しているとあるので、通常の営業への影響も考えているのでしょう。

 

批判的な意見

人との触れ合いや本来自治体が行うべきことを1企業が行ってしまうことについて疑問を呈しているようです。この記事を書いた方は、そもそもコンビニエンスストア、小売業の産業自体が貧困やワーキングプアを再生産していることを問題視しているようですね。

blogos.com

 

投資家としてファミリーマートに思うこと

私はユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)の株式を直接保有はしていません。ただ、投資信託(TOPIX)などを通して間接的にはユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)へ投資しています。

本来株主へ配当として還元されるべきお金や企業の成長戦略のために使うお金を今回、使うことについて、それなりにリターンがあると踏んでのことなのかと思います。株主総会などで質問されることも当然想定していると思うので、本業への影響が出ない範囲で、それ以上のメリットがあると経営判断したのかなと思います。

企業活動っていうのは難しいもので、単純に利益だけ上げていればよいということではありません。環境への配慮も必要ですし、社会貢献も求められます。本業とそれらのバランスをいかにとって成長していくかが大事なので、やるのは結構だけど、企業価値向上もちゃんとやってくださいと思います。

 

1人の人間として思うこと

地域の人が手づくり調理や温かい交流の場を提供すべきとか理想を語って今回のファミリーマートの「ファミマこども食堂」についてダメ出しする意見が見受けられますし、本来国や地方公共団体が、行うべきことだという意見もあるようです。

確かに言っていることはごもっともだと思います。あるべき姿では、確かにそうだと思います。

 

私は恵まれた家庭で生まれ育ったので、ご飯を食べるお金がないという場面に遭遇したことはないです(財布忘れて買えなかったというのはある)。

ただ、貧困で困っている子供たちって社会との接点がなくなっていたりすることも多いのかなあと思います。レジ打ちさせたりするのは、かわいそうだっていう意見もありますけど、何もしないで社会から切り離されるよりは接点あった方がいいと思います。

 

コンビニの食べ物について手作りであるべきだと批判している方もいますが、腹が減っては戦ができぬの理論で三食食うに空に困らない人は、手作りの温かみとか言えるのだと思います。三食事欠くような状態だとまず食べられることが大事なので、四の五のいっているより食べられるということの方が大事なんじゃないかなと思います。

  

昔好きで読んでいた「鋼の錬金術師」のある場面で「やらない善よりやる偽善。」というセリフがでていて、すごく印象に残っています(今のこのマンが好きですが)。まさしくこれなんだと思います。少なくともこの取り組みで社会接点持つことができる子供は増えればいいと思います。

 

子供の貧困が問題で、ネットニュースやマスコミの報道を見て、じゃあ実際寄付しよういう方はどれだけいるんですかね?私は問題だとは思っていますが、1円も寄付してませんし、子ども食堂の活動へ協力したりしてません(胸張って言えることではないです)

もちろん心痛めて、寄付したり子ども食堂へ協力する方もいるといらっしゃると思います。とても素晴らしい自愛に満ちている方だと思います。

ただ、多くの人は、ああだこうだと恵まれた環境で意見いうだけで何もしないと思います。

お前だって1円も寄付してないし、協力もしてないで、こんなブログで論評ごっこしているだろって言われればその通りですが(笑)

 

何はともあれ、批判されること覚悟で発表されたファミリーマートの「ファミマこども食堂」は良く手を挙げたなあと思いますし、頑張ってほしいと思います。結構ファミリーマートでおひるごはん買っているので。

 

なぜ寄付したり子ども食堂の活動へ協力しないか?

貧困家庭の子供がいることは確かに認識して胸が痛みます。ただ私は、ふるさと納税で被災地へ寄付したり、地域の産業を応援することにお金を回すことがより良い社会になると思っているからです。クラウドファンディングで新しい産業応援して成功すれば雇用が生まれますからね(リターンももらえる)。

私の資金や時間などのリソースも限られていますので、どこに投入するか決める必要があります。よりよい社会(あるべき社会)をどう作るかという方向性の違いですかね。

 

と最後に、ちゃんと別な視点で地域応援していますよ!って自己弁護して終わりにします。

 


【広告】