板橋のとあるインデックス投資家。の日記

板橋区に住む、インデックス投資信託、ETFメインの個人投資家の備忘録です。あと、クラウドファンディングやふるさと納税もやってます。

【広告】



外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)の分配金っぽいもの

[広告]

アメリカのトランプ大統領が非常事態宣言を本当に出しましたが、株式市場は特に悲観せずに取引されているようです。良くも悪くも自分の意志を突き通す人だなあと感じています。よく言えば強力なリーダーシップですね。日本もいろいろ問題抱えて二進も三進もいかない状況になっていますが、ああいう強力なリーダーシップがある政治家が一度登場しないと変われないのかもしれませんね。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20190123024915j:plain

 

さて、ETFでNEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信【2515】(略称:外国REIT(為替ヘッジなし)ETF)を新しく保有しているのですが、分配金っぽいものをもらったので、それについて記事を書きます。「っぽい」ってなんだよと言われそうですが、最初にネタバレすると貸株に出しっぱなしで、配当金相当額をもらったということです。前回に引き続いての失敗談となります。

 

 

外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)とは?

外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)については、以下のURLから情報を入手できます。

nextfunds.jp

 

ざっくり抜粋すると以下のような感じです。 


銘柄正式名:NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信

愛称・略称:外国REIT(為替ヘッジなし)ETF

証券コード:2515

対象インデックス:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)(円換算)

上場日:2017年12月11日

純資産総額:13.3億円(2019年2月15日)

売買単位:10口

決算日:年4回(3月、6月、9月、12月の各7日)

信託報酬:0.17%(税抜き)

運用会社:野村アセットマネジメント株式会社

 

地域別投資比率

上位5位は以下のようになっているようです。

  1. アメリカ(72.4%)
  2. オーストラリア(6.8%)
  3. イギリス(5.4%)
  4. フランス(4.6%)
  5. シンガポール(3.3%)

7割をアメリカが占めていますね。世界でもアメリカのREITの規模はやはり大きいようですね。投資するなら外せないといってもいいでしょう。

 

外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)を保有したわけ

低コストで先進国のREITへ投資できる良い商品だと思ったからです。上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) (1555)も保有していますが、あくまでオーストラリアの不動産なので、こちらは世界で一番規模の大きいアメリカを含めて投資できるからです。投資信託の積み立てで同じ指数に投資してますが、長期的な視野ではなく短期的にインカムゲイン増やすためにETFも保有しています。給料のほかに定期的に入ってくる収入を作ることは、つまり2つ目の財布を持つことはとても大事と考えています。老後資金の確保と日常生活で必要となる資金を安定的に確保することは非常に重要だと考えています。給料だけだと業績不振などで途絶えてしまう恐れがありますし、そうなると老後資金の積み立ても中断せざる得なくなりかもしれません。給料のほかにインカムゲインがあれば、そっちでなんとか食つなぐことができるかなと考えています。

 

ちなみに、これを購入することが正解とは言っていません。私にとっては、良い商品なのであって、万人に当てはまるとは限りません。投資は自分のライフステージ、許容できるリスク、資産規模によってそれぞれ解が異なるものだと思います。 

 

外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)2018年12月期の分配金

2018年12月期の分配金ですが、1口あたり8.2円となっています。 

 

保有状況

割と最近作られたETFで、保有数は、10株で特定口座で保有しています。

 

2018年12月期の配当金相当額

1株配当が6.94円で10株保有なので配当金相当額を69円いただきました。

f:id:THE_UNSUNG_WAR:20190217005658p:plain

前回同様「配当金相当額」が出てきたので勘のいい方はお分かりだと思います。1株当たり8.2円で10株保有なので、配当金82円でそこから税金がひかれるはずでしたが、貸株に出しっぱなしだったので、外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)からは配当金を頂いていません。SBI証券から配当金相当額を頂きました。 

 

失敗したこと

前回と同じ失敗です。ちょうど同時期の権利落ちだったので、貸株を解除するのを忘れていたため権利日に保有していない状態になっていました。

何が問題かというと、税区分が雑所得になってしまことです。同じ内容コピペしてもつまらないので、詳しくは前回書いた記事を参照してください。 

the-unsung-war.hatenablog.jp

 

雑感

同時期にやってしまった失敗なので、過ちを繰り返しているわけではないですが、2018年の痛いミスでした。

ガンダムXでもカトック氏が死に際に「過ちは繰り返すな」といっていましたしね。

ちなみに、私はガンダムXが結構好きなのですが、あれは名作だと思います。

 

話がそれましたが、外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)は低コストでアメリカの不動産に投資できる良いETFだと思っています。難点は、純資産が小さいことですかね。投資信託の積み立てで同じような指数に連動するインデックスファンドに投資するという手もありますが、それと併用でインカムゲインを増やしていきたいと思って保有しています。投資信託は、あくまで老後資金なので売却しない前提ですので。できれば、配当金で投資信託の積み立て資金賄えるくらいになりたいものです。

 

手軽に低コストで海外の不動産に投資できるETFはそのほかに以下の2つがあります。

  • 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) (1555)
  • iシェアーズ 米国リート ETF (1659)

前者はオーストラリア、後者はアメリカへの投資となります。外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)は、一応先進国全体への投資となりますが、アメリカが大部分しめています。外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)持てば、アメリカもオーストラリアへも投資することになります。

 

外国REIT(為替ヘッジなし)ETF(2515)については、コツコツ保有口数を増やしていく予定です。上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT) (1555)についても、引き続き保有はする予定です。

 


【広告】